MUDDY WALKERS 

An another tale of Z

 Zガンダム 比較レビュー →ZZレビュー →ガンダムAGEレビュー 

機動戦士Zガンダム第28話「ジュピトリス潜入」遠藤明吾

あらすじ
 ジュピトリス潜入を決めたレコアにカミーユは動揺する。誰にも言えない心の傷を背負ってレコアはシロッコの母艦ジュピトリスに潜入するが、そこで彼女は誰何したシロッコの視線に安らぎを感じるのだった。一方、レコアを護衛したカミーユはアーガマを脱出したサラ・ザビアロフと再戦する。メッサーラに乗り、カミーユを追い詰めるサラはシロッコの女であった。

Aパート:レコアジュピトリス潜入
Bパート:シロッコ対レコア

「レコアジャブロー陵辱説」でオタオタの前半
 どうも女性の心理描写がメインとなる回には遠藤氏を起用するとスタッフは決めたようである。たぶん12話の時には設定すらなかった「レコアジャブロー陵辱説」がクローズアップされるのがこの話で、どういう経緯か分からないがレコアのジュピトリス潜入が既定路線として進んでいく。「レコアの身の安全」に気を遣いすぎるアーガマのクルーに苛立つレコアやファに芸の細かさを感じるが、ある意味、しなくても良い余計な演出といえる。そして男の余計な気遣いでレコアを護衛したZガンダムはサラにぶちのめされる。シロッコに励まされたので応援にきたメタスもぶちのめされる。何だこれ。

カオルのひとこと:最近では、ファとメタスの取り合いぐらいをするぐらいしか出番のなかったレコアさん、お久しぶりと思ったら、唐突にジュピトリスに潜入するという作戦にかり出されることに。ところで冒頭で再会したクワトロとブライト、ヘンケンの会話によると、彼らはクワトロに聞くまでブレックス准将の暗殺を知らなかったようです。最初から最後まで空気のように軽かった司令官、これでは勝ち目はないでしょうねえ。

>

 味方を捨て駒にして漁夫の利を占める「卑し系」、ジャミトフ曰く「世捨て人のような生活をしていた男(それを発掘したあんたは偉い)」、そして、「地球を支配するのは女だ」など珍説奇説で周囲を沸かせる怪人という印象しかなかったパフテマス・シロッコがクローズアップされるのもこの回で、涼しい流し目でサラやレコアを誘惑するこれのおかげでジャブローで傷心(何のことだろう?)のレコアはファンの手により「辱めのレコア」にされてしまうのだった。

カオルのひとこと:レコアがジュピトリスに潜入する、と聞いたカミーユは大騒ぎです。ジャブローで屈辱的な扱いを受けたらしいということで、またそんな目に遭いに行くのかと、余計なお節介であれこれ口出しし始めます。具体的に何があったのかは明らかにされませんが、感じやすいお年頃のカミーユとオタクの方々の妄想は膨らんでいるようです。

おかしなニュータイプ効果の描写が
ますます増量

 敵の司令艦潜入といっても、格納庫付近をウロウロしただけ、いずれ試運転で外に出るのだからその時撮影すれば良いものを、後に彼女の乗機になる「ジュピトリスの新型モビルスーツ(パラス・アテネ)」くらいしか収穫がなく、このくらいだったら食料運搬員でも潜入させた方がよほど気が効いているという、ままごとみたいな「諜報活動」だったが、これは単にレコアとシロッコを出会わせるためだけの話で、別に拷問されるとか監禁される予定はなかったのだから、ままごとでも別に良かったのである。その後、錯乱した彼女はシロッコを追ってエウーゴを脱走する。
 もうこれはこういう話だと思って割りきって見るしか無いのだろうが、科学もへったくれもなく唐突に主要キャラ同士が「感じ合う」、ニュータイプ効果の描写はいつ見ても変だし、そもそもガンダムってこういう理由で支持された話だったっけと思っているのは筆者だけではないだろう。遠藤脚本の繊細さはこの作品では例外的に褒められるものだが、脚本家はしょせん脚本家でしかないことを分からせるのもこの辺の話である。
(レビュー:小林昭人)

カオルのひとこと:ジュピトリスに潜入したのは、シロッコとの運命の出会いを果たすためだった!とでも言いたげなお話しです。旧式のゲルググで遊んでいて燃料切れで漂流していた、という設定で助けられたらしいレコアですが、たまたま格納庫にやってきたシロッコと出会って、互いに何かを感じた様子。「地球を支配するのは女」というシロッコ、その女を操って影の支配者になろうという魂胆でしょうか、しかしマウアーに逃げられた今、サラでは今ひとつ、ということでレコアに目を留めたようです。一方、レコアの支援で出てきたカミーユは、シロッコの寵愛を受けてパワーアップしたサラと激闘を繰り広げます。なんだかんだ言って、知ったもの同士の戦いになっちゃってますね。24話の激闘以降、どんどん話が尻すぼみになっているのが気になるところ。煮詰まり感がアリアリです。

評点
 スパイ劇にしても稚拙、話にならない。(小林)
 男女関係のもつれの話が多すぎやしませんか。戦争はどこへ行ってしまったのだろう。 (飛田)


関連レビュー「ZZ第28話 リィナの血(後編)」脚本:遠藤明吾

あらすじ
 ガンダムチームにハヤト・コバヤシのアウドムラが増援に駆けつけ、ネオジオンと戦闘を始める。一方、負傷したリィナを連れたジュドーは無人島に漂着し、プルとリィナが諍いを始める。

Aパート:アウドムラ登場、ダカール市街戦
Bパート:グレミー対ジュドー、アーガマ登場

コメント
 毎度お騒がせエルピー・プル、砂漠では趣味の入浴でガンダムチームの水筒を使い果たして一同を渇死の危機に、そしてダカールではジュドーの妹リィナの殺害を試みるなどいろいろ物騒だが、たぶんシリーズ中最強のニュータイプだろう。これが近くにいるとみんながニュータイプになれるらしく、この回ではほとんど全員が通信機なしで意思疎通ができてしまっているのが何やら不思議である。ま、ゼータガンダムでは普通だが。
 ハマーンがアーガマの武器がハイメガ砲と知っているとか、ZZの合体メカを知っていたり、絶対にエウーゴにネオジオンのスパイいるなと思わせるが、その間にハマーンの毒入り銃で(青酸ガス入りピアスとか、いろいろ変なもの持っているな、この人)リィナが危篤とか、ゴチャゴチャした展開ながらとにかく戦いは進む。ま、タイトルからしてリィナのいる民家にミサイル直撃は見なくても分かるけどさ。案の定そのように展開が進み、どうもリィナは爆死したらしいということでエンド(実は死んでない)になる。
 この話と前の話、実は設定のデタラメさとか言いたいことは山ほどあるのだが、また、どうも連邦では歓待されているらしいアフリカで人気のジオン軍とか説明してもらいたいことも多々あるのだが、とりあえずテンポよくまとまってはいる。しかし、こういう重要な場所できちんと話を語れないと、その話自体はそこそこ見れても、全体としての印象が悪くなってしまうのだ。というわけで、この2話は本来なら★一つの話。 (レビュー:小林昭人)

評点
★★  ビミョーな話だが、組み立て自体は星三つレベル。


関連レビュー「ガンダムAGE第 28話 地球圏の動乱」脚本:兵頭一歩

あらすじ
 ヴェイガンに対する戦勝祝賀会で演説するフロイ・オルフェノア首相に、フリットは銃口をつきつける。首相自らヴェイガンに内通していたことが発覚したのだ。首相は連行され、フリットによるヴェイガン内通者の粛清と新政府の樹立が敢行される。

Aパート:祝賀会での首相の演説、警備する特務隊のアセム
Bパート:フリットによる反乱、首相の逮捕

コメント
 ヴェイガンの要塞落下を防ぎきって、どうやら地球連邦は勝利したようである。前話からどれくらい時間が経過しているのか良くわからないが、地球上では祝賀会が開かれ、首相が演説。アセムは特務隊の隊長となり、なぜか真っ白になったガンダムで警備にあたっている。前話にあったとおり、ヴェイガンの要塞に仕込まれたカプセルで、ヴェイガンの兵士(?)たちが地球上に侵入し、潜伏しているらしいことも伺わせるが、そのへんの説明とか描写とかは、ぞんざいに済まされる。とにかく、何がどうかっているのかは、断片的な会話や情景から、推測するほかないという、未完の絵コンテのようなお話しである。
 前半では、どうやら故郷に帰るらしいロマリーとアセムとのしんみりした会話と、祝賀会での首相の演説、そこへ乱入するフリットという筋書きでほぼ終わる。後半は冒頭から、延々とフリットが首相を目の前に、なんの信憑性も感じられない首相の秘密を暴露し続け、首相の内通がバレたヴェイガンが襲撃して来て戦闘になる。祝賀会状は戦場となり、首相は連行されて、その後の話はナレーションで片付けられる。そして唐突に、場面はアセムとロマリーの結婚式となり、わけのわからないうちに話は終わる。
 三代目につなげなければいけないから、という理由なのか、とにかく無理矢理な展開で、ほとんど筋書きのすべてが、フリットの説明で片付けられてしまう。どう考えても、全体を通してのペース配分を間違えているだろう。ネタとしては3話分ぐらいはありそうなのだが、この作品の作者は、設定された出来事をドラマとして書き起こしていくのが苦手らしい。あるいは面倒なのかもしれないが、そのせいで、戦闘シーンのつなぎに説明セリフつきのスクリーンセーバーが流れる、というような構成で、正直、作品として話が成り立っていないのであった。
 首相に銃口を突きつけて悪事を暴露した上で連行し、その他大勢のヴェイガン内通者を粛清したというフリット・アセム、「目指すのはヴェイガンの殲滅」と言い切る無慈悲で、法による統治を超越した存在を、何の臆面も無く受け入れ、あまつさえ主人公にしてしまう制作者。考えてみれば、彼こそ恐ろしい存在である。自分が考える「正義のヒーロー」の異常さに、彼は気付かないのであろうか。

評点
 ひどい構成、何にもまして恐ろしい制作者の世界観。


その他のZレビュー
「機動戦士Zガンダム回顧録」 Z第28話レビュー
「パラレルユニヴァース」 Z第28話レビュー


関連リンク
An another tale of Z 第29話紹介
An another tale of Z 第29話「戦艦エイジャックス出撃」(本編)
An another tale of Z 第30話紹介
An another tale of Z 第30話「パシフィック崩壊」(本編)

<<BACK  NEXT>>

 MUDDY WALKERS◇