MUDDY WALKERS 

機動新世紀ガンダムX 

ガンダムX 1996年4月5日〜1996年12月28日  
TV放映 全39話

原作矢立肇/富野由悠季
監督高松信司
シリーズ構成川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン西村誠芳
メカニカルデザイン
大河原邦男/石垣純哉
美術佐藤勝
音楽樋口康雄

スト−リ−

 地球圏すべてを巻き込んだ、第7次宇宙戦争の終結から15年。多くのコロニーが戦争によって落下、地球の人口は1億人以下にまで減少していた。地球連邦も壊滅し、地上は荒廃。「バルチャー」と呼ばれる兵器回収業者と、自らのモビルスーツ操縦技術をウリに、バルチャーに雇われて日銭を稼ぐモビルスーツ乗りが跋扈する世の中となっていた。
 戦災孤児のガロード・ランは、ジャンク屋やモビルスーツの回収を生業としていたが、ある日、一人の少女ティファをバルチャーから救出するよう依頼される。無事ジャミル・ニートの陸上戦艦フリーデンからティファを助け出したガロードだったが、逆に依頼人に追われることとなり、旧連邦軍の地下工場へ逃げ込んだ。そこでガンダムXを発見したガロードは、この機体で追っ手を撃破。ティファの能力を狙う、新連邦軍のニュータイプ、フロスト兄弟との戦いに巻き込まれていく…。

物語の背景

 1995年に放映された「新機動戦記ガンダムW」に続く、非富野ガンダム第3弾。これまでの非富野ガンダムでは扱われなかった「ニュータイプ」が久々に登場するとして期待されていた。戦争後の荒廃した地球、賞金稼ぎがモビルスーツを乗り回すという世界観もこれまでのガンダムにはないものだった。しかし、ニュータイプ能力はいわゆるフツーの「超能力」的な扱われ方にとどまり、宇宙世紀ガンダムで繰り返しテーマとされてきた「人の革新」にはつながらなかった。また、無政府状態の荒廃した世界という設定も、ガンダムでは初めてかもしれないが、他のアニメ作品やRPGではすっかりおなじみの世界観で目新しさに欠けた。初代ガンダムはその斬新さから、その後のアニメに多大なる影響を与えたが、ここにきて、ガンダムも他の作品の影響下におかれる存在に成り下がってしまった感は否めない。

レビュー

 この作品だけは、正直いって、設定やキャラクターだけを見ても、少しも「見たい」という気が起こらなかった。しかしひょんな事から見ざるを得ない状況になったので、レンタルビデオを借りて見たのである。そうでもなければ、最後まで見通すことはできなかったであろう。私としては、なにもかもがつまらなく、見ているのが退屈でたまらない作品であった。
 これは、年齢的な事を考えるとある程度はやむを得ない気がする。まず、キャラクター造形があまりにもマンガ的で、もはや大人の鑑賞に耐えるレベルではない。美少女の顔の半分が目で占められており、鼻と口は申し訳程度に「く」「-」と表現されている。メカニカルデザインやガンダムの世界観からかけはなれたデザインで、違和感を感じてしまうのだ。これはやはり視聴者のメインターゲットにあわせられたものだから仕方がないのだが、最後まで「ガンダムらしさ」を感じることができなかった。
 また、ガンダムXには「サテライトキャノン」という、ものすごい威力を有した大量破壊兵器が装備されているのだが、それがあまりにも強力すぎて、戦闘が白けてしまう。ニュータイプが登場しながら、ニュータイプらしい戦闘シーンが見られなかった。それは、主人公や主人公側のキャラクターに、ニュータイプのパイロットがいなかったからである。どのキャラクターも初めからそこそこ強く、そこそこ順調に勝利していくため、成長を見るという楽しみもない。
 さらに、主人公のガロードと美少女ティファがいきなり?ラブラブな感じなのも、大いに白ける。ティファという少女は無口で無表情、感情の起伏がほとんどないように見受けられるが、それが、ガロードとの交流によって変えられていくならともかく、多少はそういう面もあるにしろ、一貫して無表情である。これはキャラクター全員にいえることかもしれないが、あまりにも人物設定が平板で、ステレオタイプそのままであり、キャラクターに人格というものが感じられない。主人公の苦悩や葛藤を描くのが、ガンダムの一つの定石であるのだが、そうしたキャラクターの苦悩や葛藤までが、どこか「お約束」通りに思えて仕方がないのである。そのため、ドラマとしての見どころがほとんどない。
 明るく元気な主人公という設定も悪くはないが、今どきこういう主人公が多くの少年少女から支持されるとはとうてい思えない。ガンダムに限らず、昨今のアニメの主人公に内向的だったり、孤独だったり、様々な問題や葛藤を抱えていることが多いのは、その方が、視聴者が感情移入しやすいからである。今の10代の置かれた状況を考えると、それも当然と思われる。ガンダムXには、そういうものが欠けていた。もしこの作品のキャラクターの中で、最も共感を得るものがあるとすれば、それは主人公の敵であったフロスト兄弟ではなかろうか。作り手がこういう感性を失っては、もはや作品として受け入れられようもない。ガンダムXは低視聴率のため、当初の予定を縮めて全39話で打ち切り(話は完結している)となったが、それも当然の結果といえよう。

評点 ★★

<<BACK  NEXT>>

 MUDDY WALKERS◇